医療情報リンク インデックス Medical IT Link index医療情報リンクインデックス

※医療情報に関するウェブサイトへのリンクページです。

特定健診 マスター・規格 医療IT関連書籍 診療ガイドライン 医療情報標準化関連サイト 第三者評価 
関連機関 - 医療関係団体 病院・診療所団体 医療保険関係団体 病院一覧 病院検索 保健医療福祉IT関連機関 保健医療福祉IT関連学会

医療情報ニュース医療情報ニュース

キーワード     発表日: 月~ 月 

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ

厚労省、「第23回がん検診のあり方に関する検討会」の資料を公表

  厚生労働省は、2月7日に開催された「第23回がん検診のあり方に関する検討会」の資料を公表した。資料:1-1.職域におけるがん検診に関するマニュアル(案)、1-2.精度管理のためのチェックリスト(案)資料、1-3.仕様書に明記すべき必要最低限の精度管理項目(胃がん検診・子宮頸がん検診・肺がん検診・乳がん検診・大腸がん検診)、2.乳がん住民検診における「高濃度乳房」への対応のポイント(笠原参考人提出資料)資料、3.「乳がん検診における乳房の構成(高濃度乳房を含む)の適切な情報提供に資する研究」班による経過報告(笠原参考人提出資料)。参考資料:1.がん検診のあり方に関する検討会構成員名簿、2.事業評価のためのチェックリスト(市区町村用・検診実施機関用・都道府県用)。

2018/02/08

日本医用画像情報専門技師育成機構、医用画像情報専門技師スキルアップセミナーを東京と神戸で開催

  一般社団法人 日本医用画像情報専門技師育成機構は医用画像情報専門技師を取得され、さらなる知識の向上を目指す方向けに「医用画像情報専門技師スキルアップセミナー」を東京(第1回)と神戸(第2回)で開催する。開催概要:「モニタ診断に必要な基礎知識」、「モニタ(ハードウエア)の基礎」、「標準規格と品質管理ガイドラインついて」、「臨床現場におけるモニタ管理と更新の実際」。■第1回セミナー 、日時:3月17日(土) 10時~16時(予定)、会場:北里大学白金キャンパス アネックス棟5階 AB会議室(東京都港区)。■第2回セミナー 、日時:3月18日(日) 10時~16時(予定)、会場:社会医療法人神鋼記念会 神鋼記念病院(神戸市中央区)。参加費:医用画像情報専門技師の方 10,000円(税込)(テキスト資料等を含む)、一般参加の場合 12,000円(税込)(テキスト資料等を含む)。募集人員:各セミナー共30名。応募方法:Webより申込。申込締切:2月28日(水)PM 12:00まで。入金締切:3月05日(月)PM 15:00まで。ポイント:医用画像情報専門技師更新ポイント 30ポイント、医療情報技師更新ポイント 3ポイント。

2018/02/07

医療情報研究会、第7回勉強会を開催

  医療情報研究会(MISG)は第7回勉強会を開催する。概要:第1部:ベースアップセミナー、 [DICOMの基礎] DICOMファーストステップ、[ネットワークの基礎] 知っておきたいネットワークのセキュリティ、[IHEの基礎] はじめてのIHE、第2部:キャッチアップ『医用画像関連の改訂事項』、「構モニタ品質管理ガイドライン(JESRA X-0093)の改正について」、「DICOM UPDATE 2017」、第3部:ムーブアップ『プログラミングの基礎』、「 (仮)Pythonではじめる人工知能(機械学習)プログラミング」、第4部:ミートアップ、「(仮)医用画像における人工知能」。日時:3月3日 12:55 ~17:30。場所:放射線医学総合研究所 研修棟2F講義室(千葉市稲毛区)。 参加費:1,000円、参加登録:リンク先より事前参加登録を行う。医療情報技師更新ポイント:3点。

2018/02/07

日本医療情報学会東北支部、「第10回日本医療情報学会東北支部総会・学術研究会」を開催

  日本医療情報学会東北支部は、「第10回東北支部総会・学術研究会」を開催する。主なプログラム:1.弘前大学病院における免疫抑制・化学療法により発症するウイルス性肝炎対策、2.東北大学病院の取り組み、3.秋田大病院における病院情報システム更新に伴うシステム停止中の業務継続に向けた取り組み、4.人工知能による大学入試への挑戦と自然言語処理技術の医療への応用。日時:3月3日(土)12:45~16:15(12:00受付開始)。会場:盛岡地域交流センター マリオス8階 180・181会議室(岩手県盛岡市)。参加費:無料。事前参加登録:リンク先案内の宛先に3月2日(金)午前11時までに申込む。医療情報技師更新ポイント:4点(※当日認定証持参)。

2018/02/06

厚労省、「平成29年度 医療計画策定研修会」を開催

  厚生労働省は、「平成29年度 医療計画策定研修会」を開催する。プログラム:別紙「平成29年医療計画策定研修会 次第」参照(15:30からのグループワークは非公開)。日時:2月9日(金)10:00~17:00。場所:ベルサール神田 ルーム1 2 3 東京都千代田区神田美土代町7 住友不動産神田ビル3F。傍聴申込方法:傍聴を希望の方は、傍聴申込書に必要事項を記入の上、電子メールに添付して2月7日(水)15時までに申込む。傍聴多数の場合は、傍聴できない場合がある。

2018/02/06

厚労省、「第1回情報通信機器を用いた診療に関するガイドライン作成検討会」を開催

  厚生労働省は、「第1回情報通信機器を用いた診療に関するガイドライン作成検討会」を開催する。議題:1.情報通信機器を用いた診療に関するこれまでの経緯について、2.情報通信機器を用いた診療に関するガイドライン作成に向けた論点整理について、3.その他。日時:2月8日(木)12:30~14:30。場所:AP新橋虎ノ門会議室A(11 階)(東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル)。傍聴希望の方:傍聴申込書に必要事項を記入の上、電子メールに添付して申込む。申込締切:2月7日(水)12時まで。希望者多数の場合は、傍聴できない場合がある。

2018/02/06

JAMI九州沖縄支部会他、「医療情報の利活用と関連諸問題に関する沖縄シンポジウム」を開催

  一般社団法人日本医療情報学会(JAMI)九州・沖縄支部会はMテクノロジー学会及びSDMコンソーシアムと合同で「医療情報の利活用と関連諸問題に関する沖縄シンポジウム」を開催する。主テーマ:医療情報および患者情報の利活用に関する各種テーマを議論し、日本の南端から情報発信を行う。キーワード:電子カルテ、患者情報の2次利用、DWH、地域連携、患者DB、情報セキュリティ。会期:6月1日(金)~2日(土)。会場:1日目 とぅばらーまホール(沖縄県那覇市)、2日目 KBC学園 国際電子ビジネス専門学校(沖縄県那覇市)。参加費用:医療情報技師 2日間¥1,000(2日目の昼食費込)、医療情報技師以外 2日間¥3,000(2日目の昼食費込)。参加申し込み:リンク先より行う(一般参加は100名到達次第締切り)。医療情報技師更新ポイント:申請中。

2018/02/05

AMED、「革新的医療技術創出拠点プロジェクト 平成29年度成果報告会」を開催

  国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、「革新的医療技術創出拠点プロジェクト 平成29年度成果報告会」を開催する。本年度の成果報告会では、各拠点の革新的アカデミアシーズ実用化に向けた取り組みのほか、実用化に至った成果がいかに患者・医療現場に貢献していくかについて報告する。会期:3月5日(月) 12時30分 ~17時00分 (12時00分開場)及び3月6日(火) 9時30分 ~17時00分 (9時00分開場)。会場:TKPガーデンシティ品川 ボールルーム。対象:一般の方、企業の方、大学の方、病院の方、研究者等。定員:700名(事前申込先着順)。参加費:無料。

2018/02/05

静岡県医療情報技師会、「第7回勉強会」を開催

  静岡県医療情報技師会は、「第7回勉強会」を開催する。日時:2月10日(土)13:30-16:30 ※受付13:00。開始場所:静岡市立静岡病院 12階大講堂。参加費:1,000円医療情報技師以外の方も参加可。医療情報技師更新ポイント3点。申込方法:氏名、施設名、職種名、医療情報技師番号をメールで送る。なお、内容の詳細は別途参照。

2018/02/02

厚労省、「中央社会保険医療協議会」を開催

  厚生労働省は、「中央社会保険医療協議会」を開催する。議題及び日時:1.総会 *2月7日(水)10時00分~12時00分。場所:中央合同庁舎第5号館 講堂(低層棟2階)。傍聴について:当日、先着順にて受付、その他詳細は別途参照。

2018/02/02

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ