医療情報リンク インデックス Medical IT Link index医療情報リンクインデックス

※医療情報に関するウェブサイトへのリンクページです。

特定健診 マスター・規格 医療IT関連書籍 診療ガイドライン 医療情報標準化関連サイト 第三者評価 
関連機関 - 医療関係団体 病院・診療所団体 医療保険関係団体 病院一覧 病院検索 保健医療福祉IT関連機関 保健医療福祉IT関連学会

医療情報ニュース医療情報ニュース

キーワード     発表日: 月~ 月 

1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ

日本医用画像管理学会、「平成29年度 日本医用画像管理学会 第2回学術大会」を開催

  日本医用画像管理学会は、「平成29年度 日本医用画像管理学会 第2回学術大会」を開催する。日本医用画像管理学会では、医用画像情報管理に関する業務量の把握が必要と考え、「医用画像情報管理における業務量」についてアンケート調査を行い、診療放射線技師が医用画像情報管理にどのように関わっているのか、何が負担になっているのかを本企画にて報告する。また、当学会と10年前より学術交流を実施している大韓医療映像情報管理学会(KMIIAA)でも同様のアンケートを実施し、その報告も予定している。日時:9月23日(土)13:10~15:10。場所:函館アリーナ スタジオB。参加費:無料。

2017/08/18

日本自動認識システム協会、「第19回自動認識総合展」を開催

  一般社団法人 日本自動認識システム協会は「第19回自動認識総合展」を開催する。今回は「ID First ~IoTはIDから~」を展示会キャッチコピーとし、IoTに必須のID技術の最先端を紹介と共に、ゾーン展示として「モバイル&ウェアラブルゾーン」、「画像認識ゾーン」、「センサネットワークゾーン」を設け自動認識の次のステージを身近に実感して頂く。また、展示会場内では、自動認識基礎講座と自動認識市場規模動向、第19回自動認識システム大賞受賞作品の発表等、多くの来場者に自動認識技術の最新動向をお知らせする。展示会併催事業では、今回も自動認識セミナーを開催し、「最新導入事例」や「最新技術動向」を紹介する。さらに今回は、同時開催展として「フルードパワー国際見本市」、「測定計測展」、「センサエキスポジャパン」、「TEST2017 総合試験機器展」と会場を共有する。会期:9月13日(水)~15日(金)10:00-17:00。会場:東京ビッグサイト 東ホール、詳細は別添参照。

2017/08/18

広島医療情報システム研究会、「第38回広島医療情報システム研究会」を開催

  広島医療情報システム研究会は、「第38回広島医療情報システム研究会」を開催する。プログラム:1.「infomity連携BOXを活用した地域連携 ~活用シーンご紹介~」、2.「山口医療画像センター(遠隔画像診断)の現状と今後の取り組み」、3.「当院における放射線科システムの現状 ~うちでやっている取り組み~」、4.【特別講演】「倉敷地域におけるITを活用した地域連携について」。日時:9月9日 13:30~17:20。会場:日本鋼管福山病院 3F 講義室 SAT、更新ポイントの対象(認定番号が必要) 医療情報技師1P・医用画像情報専門技師1P 医療画像情報精度管理士4.0P。研究会参加費:1,000円。終了後、情報交換会を開催、参加希望者は、ホームページ上の申し込みフォームにて申し込む。なお、当日会場にてコニカミノルタジャパンと株式会社レゾナ(コアグループ)の機器展示を行う。

2017/08/18

厚労省、「歯科医師の資質向上等に関する検討会(第6回)」を開催

  厚生労働省は、「歯科医師の資質向上等に関する検討会(第6回)」を開催する。議題は、1.歯科医師の資質向上等に関する事項について。日時:8月31日(木)14:00~16:00、場所:経済産業省別館3階312各省庁共用会議室、傍聴者数:約20名(報道機関も含む)、傍聴を希望する場合は、傍聴申込書に必要事項を記載の上、FAXにて申し込む。申し込みの締め切りは、8月24日(木)17:00まで。希望者多数の場合は、先着順とし、同一団体等が複数人の場合は、人数調整をする。

2017/08/17

厚労省、「第3回厚生科学審議会 ヒトES細胞の樹立に関する審査委員会」を開催

  厚生労働省は、「第3回厚生科学審議会 ヒトES細胞の樹立に関する審査委員会」を開催する。議題は、1.ヒトES細胞樹立計画の指針への適合性確認。日時:9月6日(水)15:00~16:00、場所:中央労働委員会 労働委員会会館 講堂(7階)、傍聴者:20名、募集要項:FAXにて申し込む。申し込み締切日:8月30日(水)(15時必着)、傍聴を希望される方が多数の場合には抽選。

2017/08/17

厚労省、「第1回がん診療連携拠点病院等の指定要件に関するワーキンググループ」を開催

  厚生労働省は、「第1回がん診療連携拠点病院等の指定要件に関するワーキンググループ」を開催する。議事(予定):1.座長の選出について、2.がん診療連携拠点病院等の指定要件に関する主な論点と議論の進め方について、3.その他。日時:8月23日(水)10:00~12:00。場所:全国都市会館 3階 第2会議室。傍聴希望者の申込方法:8月21日(月)12時(必着)までに、FAXまたはE-mailにより事務局宛申し込む。希望者が多数の場合は、報道関係者、委員随行者の状況を勘案の上、希望者の中から抽選。

2017/08/16

厚労省、「第1回 医療系ベンチャー振興推進会議」の資料を公表

  厚生労働省は、7月31日に開催された「第1回 医療系ベンチャー振興推進会議」の資料を公表した。 議事:1.構成員の紹介及び座長の選任について、2.開催趣旨等について、3.懇談会報告書に基づく施策の実施状況について、4.今年度の予算事業について、5.その他。配布資料:1.医療系ベンチャー振興推進会議開催要綱、2.医療系ベンチャー企業の振興方策について、3-1.医療系ベンチャーサミット開催運営事業、3-2.ベンチャートータルサポート事業。参考資料:医療系ベンチャーの支援方策について ※冊子にて配布 「医療のイノベーションを担うベンチャー企業の振興に関する懇談会」報告書。

2017/08/16

厚労省、「第3回発がん性評価ワーキンググループ」の議事録を公表

  厚生労働省は、3月1日に開催された「第3回発がん性評価ワーキンググループ」の議事録を公表した。議題:1.平成28年度に実施した中期発がん性試験の評価について、2.平成29年度に実施する中期発がん性試験の物質選定について、3.遺伝子改変動物を用いた発がん性試験による調査の基準について、4.その他。

2017/08/16

AMED、「薬剤耐性(AMR)シンポジウム-AMEDにおける基礎から創薬までの研究開発最前線-」を開催

  国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、「薬剤耐性(AMR)シンポジウム-AMEDにおける基礎から創薬までの研究開発最前線-」を開催する。本シンポジウムは、薬剤耐性菌に対する薬剤研究開発をより強力に推進するための議論の活性化、さらには実用化に向けた産学連携の機会促進のため、抗菌薬の研究開発を取りまく環境とその最新の動向と研究成果について、AMR対策の最前線に立つ第一線のアカデミアや企業の研究者が講演する。日時:9月28日(木) 13:00~18:00(開場 12:30)。場所:日本橋ライフサイエンスハブ 会議室。対象者:薬剤耐性建久に携わる、または関心のある研究者、製薬関係者、行政関係者、医療関係者、参加費:無料。

2017/08/15

医療機器フォーラム、「第15回医療機器フォーラム」を開催

  医療機器フォーラム及び日本薬学会レギュラトリーサイエンス部会は、「第15回医療機器フォーラム」を開催する。テーマは、発展する人工知能(AI)―医療応用を中心として―。第15回医療機器フォーラムでは、AI技術の研究開発及び社会実装に関して、技術活用が先行する自動運転をはじめとし、医療応用の最新動向と実用化支援に至るまで話題提供を行うとともに、医療機器における規制の考え方について情報を提供する。また、各分野の専門家による講演及びパネルディスカッションを通して、人工知能を利用した医療技術の現状と課題を産官学関係者で共有し、人工知能の医療導入とその適切な発展等について議論する。日時:9月29日(金) 13:00~17:00(受付開始12:00)。会場:早稲田大学 小野記念講堂。参加費(当日支払のみ):一般5,000円、官学3,000円、学生 無料 (学生の方も事前登録が必要。受付時に学生証を提示)。申込先:ホームページの参加申込ボタンをクリックし先の別ページから申し込む。なお、会場の関係上、200名で申込を終了。(登録〆切予定日:9月22日)。

2017/08/15

1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ