平成20年度病院情報システム標準仕様書(案)
  ―システム基盤に関する基本仕様書― の紹介

経済産業省相互運用性事業(平成17年〜平成19年)の一環として、相互運用性の普及推進に関する調査検討を行うことを目的に相互運用性普及推進懇談会がMEDISに設置され、平成17年から平成19年にかけて計7回の会議が実施されてきた。
当懇談会はユーザ病院が主体の会であることから会の目的の一つとして病院情報システムの標準的な仕様書の作成を掲げていた。その一環として題記の仕様の提案があったが、十分な議論ができていないために当会議では承認されるまでには至っていない。内容的には委員の中でも異論もあることから未完成な状態ではあるが、今後さらなる検討も必要と思われるので、(案)の状態ではあることを付記し参考としてここに紹介する。